エアコン

新築のエアコン工事!配管穴あけ工事はだれに頼むべき?穴あけ工事は建築中に行うべし!

悩んでる人
悩んでる人
エアコンの穴あけ工事を事前に行うか悩んでいるんだよね。kumaさんはどうした
kuma
kuma
高気密高断熱住宅の場合は、事前にエアコン設置場所に穴をあけてもらったほうがいいよ。エアコン業者に工事をお願いすると気密を傷つけたり、構造に影響がでるばあいがあるんだ

新築後にエアコンを設置を考えている方も多いかもしれません。

おすすめは、建築中にエアコン取り付け位置をきめてハウスメーカーや工務店にお願いして配管穴をあけてもらうことをオススメします!

エアコン業者でも穴をあけることはできますが、建築のプロではありません。気密に影響が出たり、構造上大事な筋交い部分を傷つけてしまうことがあります。

そして、エアコン業者の方は壁の中にある柱の位置など、詳細を把握しているわけではありません。家を熟知したとハウスメーカー・工務店なら安心して任せて大丈夫です。

建築後に配管の穴をあける場合は、建築してもらったハウスメーカにお願いして、穴あけ工事をしてもらったほうがいいですよ。

次に我が家の建設中に先行してスリーブ工事(配管穴あけ工事)してもらって感じたメリット・デメリットを紹介します。

先行スリーブ工事したメリット・デメリット

私のお家は、先行してダクト用の穴をあけてもらい、ネットでエアコンを購入し地元の電気工事屋さんにエアコン設置してもらいました。

その時感じたメリットとデメリットについて紹介します。

先行スリーブのメリット

家を建てた工務店のほうで、気密や壁の中の柱を傷つけてしまわないように私たちに任せてほしいと話してくれたのでお願いしました。

エアコン工事で家の構造に傷がついてしまったことにより、保証がきれたり、長い年月を住むおうちに不安を抱える必要がなくなります。

安心して工事を頼めることが一番のメリットです!

先行スリーブのデメリット

一番のデメリットは、穴あけ工事に費用が掛かることです。

工務店などによると思いますが、価格は3万~5万円程度のところが多いそうです。

しかし家電量販店で買ったら無料の場合が多いですが、安心料としてきっぱり払いましょう。

また穴あけ工事したあとに、エアコン穴キャップを設置します。通常は白色プラスチックがはめられていることが多いので見た目がちょっとダサいです。

ただ、気になったり、エアコン設置が数年先の場合ですが、かっこいいエアコン穴キャップをネットで購入することができます。そちらへ変えてみるのも楽しいですよね。

建築後にエアコンスリーブ工事をする場合

建築後にエアコンのスリーブ工事をする場合ですが、建築してもらった工務店やハウスメーカーにお願いをして、穴あけ工事をしてもらいましょう。

おそらく費用は1か所あたり3~5万くらいになると思いますが、家の構造を熟知している安心感が違います。

将来の雨漏りリスクなどを考慮し、丁寧な施工をしてくれます。

家電量販店でエアコンを購入すると、標準工事にスリーブ工事が含まれている場合がほとんどだと思います。

標準工事で無料は大きいですよね。

しかし構造をあまり理解していないため、壁の中の梁や柱を傷つけてしまうこともあります。

ここは安心料だと思ってグッと我慢しお支払いすることをおススメします。

まとめ:エアコンスリーブ工事は建築中に!

エアコンのダクト工事は建築中に行うことで、雨漏りや気密・構造に対する問題を回避することができます。

家電量販店でエアコンを買うと穴あけは標準工事に含まれていることが多いので、穴あけ工事に数万かかると高く感じちゃいますよね。

でも穴あけ工事は工務店にお願いしましょう。

エアコンはネットの最安値で購入し、地元工務店に設置をお願いすると費用を抑えることができるのでオススメですよ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です