耐震

耐震等級3は必要?耐震等級について紹介します【我が家は耐震等級3】

悩んでる人
悩んでる人
kumaさんの土地は耐震等級3を取得したんだよね?理由を教えて。
kuma
kuma
耐震等級3の家は、熊本地震で倒壊がゼロだったんだよ。ちょうど北海道でも胆振地震があって地震に強い家にしたかったんだ

皆さんは、住宅を選ぶときに地震に対する耐震性能を重視しておりますでしょうか?

その耐震性能をもっとも簡単に知る方法は、「耐震等級」です。

耐震等級は、「1~3」まであって、耐震等級1が最も耐震性能が低く、耐震等級3が最も高い性能です。

結論から言いますと、地震大国日本です。

少しでも安全なお家を手に入れたい場合は、耐震等級3を取得したお家に住んだほうがいいです!

それでは、なぜ耐震等級3がいいのか、耐震等級1~3の違いについて紹介いたします。

耐震等級1~3の違いについて

耐震等級1~3で何が変わるのか紹介したいと思います。

耐震等級1について

耐震等級1は、建築基準法を満たす最低レベルの耐震性です。

阪神淡路大震災や熊本地震クラスの震度6,7クラスの地震でも、住宅が「倒壊」しません。震度5クラスでは、損傷しないレベルです。

ここでの注意は、震度6,7クラスだと倒壊はしないが、何らかの損傷を受けることは許容する基準です。

被害によっては建て替えや補修が必要になることは覚悟しておくべきですし、家具や家電が倒れたりする可能性も高まります。

基本的にこのような被害は、耐震等級2,3となるにつれ少なくなります。

また、熊本地震のように震度7が2回きた大地震に耐えられるかどうかは、未知数です。

耐震等級2について

耐震等級2は、耐震等級1の1.25倍の強さの地震に耐えることができる基準になります。

「長期優良住宅」も耐震等級2以上の認定が必要です。

耐震等級1を基準とすると、耐震等級2の必要な壁の量は約1.5倍必要といわれております。

つまり耐震等級2は、より壁の量が必要となり、開放的な間取りを取りにくくなる制約が出る可能性もあります。

ちなみに、学校などの避難所に指定されている場所は、耐震等級2以上が必須となっております。

熊本地震では、耐震等級2の木造住宅は、損壊や倒壊した家があったそうです。

耐震等級3ついて

耐震等級1の1.5倍の強さの地震に耐えることができる基準になります。

最も高いレベルの耐震性です。

大地震が来ても損傷を受ける可能性が低いため、地震後も長く住み続けることができます。

また熊本地震のように繰り返し震度7がきても、耐えられる可能性が高まります。

事実、熊本地震では、耐震等級3の家で倒壊は1軒もありませんでした。軽微な損傷はあったとききます。

壁の量は、耐震等級1と比べて約2倍必要です。

間取りなど制約が出る可能性がありますが、安全にはかえられません。

災害時の救助拠点などになる警察署・消防署は耐震等級3で建てられていることが多いです。

[box05 title=”耐震等級まとめ”]

  • 耐震等級3は、最も地震に強い家といえる。
  • 耐震等級3は、熊本地震でも倒壊ゼロ。
  • 耐震等級2は、熊本地震で倒壊があった。
  • 耐震等級1は、最も弱く震度6~7では損傷を受ける可能性がある。
  • 耐震等級があがるにつれ壁の量が増え間取りに制約が出る可能性がある。[/box05]

 

耐震等級3相当に気を付けよう

住宅メーカのHPやチラシを見ていると「耐震等級2相当」や「耐震等級3相当」という記載を見ることがあります。

これはとっても注意が必要です。

「相当」ということは、耐震等級を取得していないです。

相当ということは実際に耐震等級3の基準を満たしていない可能性もあります。

これはきちんとメーカーに耐震等級を取得可能かどうか聞いたほうがいいです。

間違いなくきちんと耐震等級を取得したほうが安心できます。

耐震等級を取得すると地震保険が安くなる

耐震等級を取得すると地震保険が割引されます。

保険料が1年に3万円、35年住むとすると3万x35年=105万円かかります。

耐震等級3だと割引率が50%とありますので、保険料は半額の約50万となります。

耐震等級 割引率
耐震等級3 50%
耐震等級2 30%
耐震等級1 10%

我が家の場合ですが、はじめは耐震等級2でした。

しかし、耐震等級3は熊本地震で倒壊がゼロと知りました。安全はお金で買えないと思い耐震等級3を採用することにしました。

このときUPした金額は約30万程度でした。

もともと開放的な間取りではなかったので、間取りも変更なしでいけました。

地震保険も安くなったことを考えると、そこまで大きな金額アップには感じておりません。

まとめ:耐震等級3を取得しよう

震度7が2回あった熊本地震でも、倒壊ゼロだった耐震等級3の家をオススメします。

間取りとか制約が出る可能性もありますが、設計を工夫し乗り切りましょう!

また、耐震等級3を取得すると費用がUPしてしまいますが、地震保険が安くなります。

費用UPと地震保険の割引分を差し引きすると、負担は減らせることができます。

地震大国日本に向いている家は、耐震性能重視のお家です!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です