住宅選び

【我が家の外構】天然芝にして感じたメリット・デメリット

悩んでる人
悩んでる人
kumaさん芝生にしてよかったことある?
kuma
kuma
やっぱりお手入れが大変だけど、毎日グリーンな絨毯をみれるの至福の時だよ

我が家の外構には、天然芝生を取り入れています。

芝の品種は寒冷地になるので「ケンタッキーブルーグラス」という品種です。

周囲の覚悟ないと大変だよーという声は、耳をふさぎチャレンジした体験について紹介します。

天然芝にした理由

我が家の土地は、約80坪ほどあります。約40坪前後がお家+カーポートとすると約40坪くらいあります。

そのほとんどに天然芝を張りました。その理由は以下です。

ここにボックスタイトルを入力
  • 経験はガーデニングや庭いじりはほとんどしたことない。家庭菜園ぐらい。
  • 天然芝は、かっこいい。シンプルでも映える。
  • 外壁にも木を採用しているので、自然の庭はマッチしそう。
  • 何よりも、工事費が安かった。

悩みましたが、天然芝に決めちゃいました。

あまり外構工事に予算を割くことができなかったのですが、整地や芝張りは業者にやってもらいました。それでも石とかブロックを使った庭より安く仕上げることができました。

ですが芝生も生き物。やはり手がかかります。

そんな芝生のメリット・デメリットについて紹介していきます。

天然芝のメリット

天然芝にしてみたメリットについてまとめてみました。

天然芝にしたメリット
  • 緑のじゅうたんは、見た目もGood!
  • 砂利とかとは違い、ふかふかしてて歩いても気持ちいいです。
  • お家の雰囲気と合わせることができた。
  • アスファルトや石と違い日光の熱を吸収しにくいので、すずしい。
  • 芝を刈った直後、緑のにおいが好き。
  • 北海道は庭でBBQをよくやりますが、熱いものを置いても人工芝のように溶けない。
  • 工事費が安い

天然芝は大変だよーと聞きますが、思ったほど手間がかかりません。

それよりも、風吹いて芝がなびいてる姿、朝に太陽が昇ってくると朝露に濡れた芝生がキラキラ至福の時です。

お子様がいるお家ですと、転んでもケガしにくいなどのメリットもあるとききます。

ただ芝面積もあるので水道代がちょっと多めにかかります。しかし許容範囲です。

次にデメリットについて紹介します。

天然芝のデメリット

皆さん、やはりデメリットについて気になりますよね。

我が家も天然芝に決定するまで、管理が大変そうで悩みました。

天然芝にして、実際に管理が大変かというと・・・思ったほどではないというのが印象です。

そんな私がデメリットについてまとめてみました。

天然芝にしたデメリット
  • 夏場は、朝晩の水やりが欠かせません。約40坪くらいで1回1時間程度かかります。ただし、スプリンクラーが5000円くらいで買えるので我が家では導入し、水撒き作業を簡略化しています。
  • ↑の理由から7月、8月は普段より水道代が6000円くらい増える(約40坪相当で)
  • 枯れた芝をとるサッチ取りが年1回くらい。
  • 4-11月(7月を除き)は、肥料を毎月1回やる。
  • 芝刈りは、生育期にはいるとめっちゃ伸びる。2,3週間に1度芝刈りをしないときれいな芝生は維持できない。
  • よく人が歩くところとかは枯れる。しかし、芝生の種をまけば復活できる。

デメリットのほとんどは、何かと作業が必要で時間がかかることです。

しかし、そこは電動芝刈り機(1万円台で十分)を導入したり、スプリンクラー(安いのは2000円くらい)を導入することで省力化することができます

kuma
kuma
道具で作業は省力化できるよ。我が家の道具を紹介しちゃうね
  • スプリンクラー:ガルデナの噴水タイプ。長方形の庭に対応している水を受けから下に落        とすタイプです。
  • 芝刈り機:マキタのMLM2851です。ロータリー式で広い範囲も楽ちんです。

さらにスプリンクラーも自動タイマーが売っています。

スプリンクラー+自動タイマーを導入することで決まった時間に水撒きを自動でやるようにすることも可能です。

上にあげた芝生のお手入れ機器もホームセンターで購入することができますし、ネットで買うとことも可能です。

芝生お手入れのハードルはだいぶ下げることができています。

 

まとめ:天然芝はおすすめできます。

芝生の面積を絞れば、お手入れはそんなに難しくありません。

水撒きや芝刈り機を導入すれば、一日中作業することもありません。

2,3週間に1度芝の草刈りをしたり、草刈りのついでに雑草をぬいたりするくらいです。

これも1時間くらいで終わっています。

↑のお世話をちょっとするだけで手に入る天然芝による緑の絨毯。

ちょっとした自然を手に入れることができます。

そして芝生をカットして剥げば、踏み石を入れたり、花壇を作ったり、タイルを張ったりといったことができます。庭を進化させていくこともできますよ。

我が家もカーポートから玄関まで芝生を歩いている場所があるんですが、そこに枕木などを入れたステップを導入予定です。

こんな風に気軽にお庭を変化させれるのも芝生の魅力です。

今日も緑の絨毯に癒されています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です