外構

【メリット・デメリット】北海道で太陽光発電をつけた経験を紹介します!【費用は?】

悩んでる人
悩んでる人
太陽光発電つけてみて、良かった点、悪かった点教えてよ。
kuma
kuma
太陽光発電で電気代が安くなったことがよかったよ。災害に対しても安心感があるよ。デメリットは設置費用が高いことかな

屋根などに太陽光パネルをのせることで、電気を作ってくれる太陽光発電は、なんと新築の4割に設置されています。

そんな我が家も太陽光発電を採用しています。妻切型の屋根に6.2kwの太陽光を設置し、日々発電を頑張ってもらっています。

太陽光発電のメリットですが、売電収入が見込めることと、発電した電気を消費することで電気代を節約できることです。

デメリットは、100万円を超える高額な設置費用がかかることと、発電量は天気に左右されるため設置費用を売電収入でまかなえるかは未知数なところです。

設置費用を売電+自家消費で回収できるなら設置したいという方も多いのではないでしょうか。

そんな魅力的な太陽光について、もっと詳細にメリット、デメリットについて紹介していきます。

太陽光のメリット

太陽光のメリットについてまとめました。

太陽光のメリット
  • 発電した電気を利用することで、電気代が抑制できる。
  • 発電した余剰電力を売ることができる。
  • FIT制度により余剰電力の買取金額が10年保証されていること。
  • 太陽光パネルの寿命は20年以上あるため、設置費用を回収し元をとれる。

私は太陽光は高額で悩みましたが、設置して大満足です!

やはり日々の「売電+自家消費」を考慮すると電気代がゼロ円どころかプラスになる月もあります。

北海道だと冬は発電しないんじゃないの?と思うかもしれませんが、「売電+自家消費分」を考えると5000~8000円分の効果アリです。

太陽光は家計にやさしい

太陽光設置したメリットですが、間違いなく売電収入を得ることができることです。夏でも我が家は1万5千円程度ですが、収入をえることができるのは大きいです。

そして、発電した電気を自宅で消費できるため、電気ポット、生ごみ処理機など日中に動かすことで電気代を節約できます。

また、第一種換気の電気代軽減にもプラスに働きます!

FITという制度があり、太陽光設置から10年間は買取金額を保証してくれる制度があります。10年間安心して売電することができます。

10年以降は、1kw8~10円で買い取ってくれる業者がいるので10年以降も売電することができます。注意点としまして、FITの買取金額の半額程度になっちゃいます。

うちの場合だと、だいたい9年目で設置費用を回収できます10年目~20年目に発生する収入を考える楽に設置に費用を回収できます。

太陽光は電気代高騰の影響を受けない

2011年に原発が止まって、徐々に電気代があがり、現在は2011年と比べ約2割ほど上がっています。

日本の主力の火力発電は、石油や石炭・ガスの影響を受けやすいので、今後ますます電気代があがる可能性があります。

そういったときも太陽光発電が自宅にあれば、高騰の影響を最小限にとどめることができます。蓄電池システムがなくても、日中帯になるべく電気ポットを使ったり、食洗器・洗濯機や乾燥機を使うなど工夫することで節約することができます。

最近の家電はタイマーで好きな時間に動かせますし、いい感じに節約できますよ!

太陽光パネルは長寿命

太陽光パなネルの保証期間は20年以上あることが多いです。

FITの固定買取は10年ですが、そこから更に最低10年間太陽光パネルは保証を受けられます。しかも20年で壊れるわけではなく、故障がなければそこからさらに発電してくれるでしょう。

なお太陽光パネルは段々劣化し、20年で10~20%程度発電量が低下します。

それでも、80%超は発電するので、たとえ劣化したとしてもこの程度であれば、設置費用は十分回収できる可能性があります。

設置する場合、設置業者のほうで家の方角などを考慮した発電量の予測見積を出してくれると思います。

我が家の場合は、その発電予の測見積もりと乖離はありませんでした。

その予測を参考に元が取れるか計算してみるといいのではないでしょうか。

災害の際に電力を使える

太陽光発電が設置していると災害などで電力会社の送電がとまったとしても、電力を使うことができます。

蓄電池システムを導入していない場合は、日中のみとなりますが、発電しているうちにモバイルバッテリーを充電したり、冷蔵庫を稼働させて食品の鮮度を維持することができます。

テレビやスマホから情報が得られることは、安心につながりますよね。

北海道胆振東部地震でブラックアウトを経験しましたが、電気のあるありがたみを感じました。

今度同じようなことが起きても太陽光があるの安心感はありがたいですよ。

太陽光のデメリット

つづいて太陽光のデメリットについてまとめました。

太陽光のデメリット
  • 初期費用に100万以上かかる
  • 屋根の方角によっては向かない
  • 発電量は天候の影響を受ける。
  • 屋根に負担がかかるため、雨漏りリスクがある
  • パワコンの保証が10年のため、売電収入をプールしておく必要がある。(20~30万)
  • 撤去する場合は15万程度かかる
  • 太陽光パネルは20年で約10~20%劣化する

設置費用

大体100万円を超えることがおおいです。

設置してみないと発電量がわからない太陽光発電です。

発電量は天候の影響も受けてしまいますし、不安ですよね。

そんな時は、業者で発電量の見積もりを出してくれます。それを参考に元が取れるか確認してみてはいかがでしょうか。

屋根に負担がかかる。雨漏りリスクは?

太陽光パネルは1枚当たり15㎏あります。大体20枚設置すると考えると300㎏ほど負荷がかかります。

粗悪な業者につかまり、施工不良などのリスクがあります。相場からあまりにも安い業者には注意してください。

自宅を建築した工務店やハウスメーカーに相談し、業者を紹介してもらうことをお勧めします。

また、最近は屋根に穴をあけずに掴み金具というもので設置できます。

我が家ものその施工方法を採用しており、雨漏りなどリスクを回避しております。

太陽光発電のメンテナンス費用は?

4年に1回、パワコンやパネルなどの保守作業が推奨されています。

1回2~3万円程度が相場です。

ただし足場を組む必要がある場合は、片面の足場で約8万円程度かかる場合があります。

20年間使うと約5回メンテナンスをすることになるので、費用は約15万程度になります。

このあたりも考慮する必要があるでしょう。

また、パワコンの保証は10年~15年で故障があると20万くらいかかります。

そのため、定期メンテ15万+パワコン20万=35万程度のメンテナンス費用は考慮したほうがいいです。

太陽光パネルは劣化する

太陽光パネルは、徐々に劣化し、20年で10~20%程度、発電量が減少します。

これも考慮し収支計算する必要があるでしょう。

ただ、20%程度減少しても8割は発電をしてくれます。

それを考えると設置費用やメンテナンス費用は十分回収できると思います。

我が家の太陽光発電について紹介します。

簡単ではありますが、我が家の太陽光について紹介します。

我が家の太陽光
  • 6.2kwの太陽光パネル。
  • パネルはトリナ・ソーラー。
  • パワコンはデルタ。
  • 年間発電量は15万相当の見積もり。
  • 設置費用は約140万。

我が家の場合20年の収支を以下のように計算しました。

売電+自家消費の予測額 メンテ費用 初期費用
0年~5年 15万x5年=75万 3万
5年~10年 14万x5年=70万 3万
10年~15年 7万x5年=35万 23万(15年目パワコン入れ替え)
15年~20年 6万x5年=30万 3万
20年~25年 5万x5年=25万 3万
TOTAL 235万 35万 140万

その結果ですが・・・!
総収入が235万円-(35万₊140万)=60万円ほどの黒字となる見込みです。

10年目以降は、FIT終了に伴い収入が半分になる想定で組み立てました。

ただこの時、車を電気自動車に変えるなどした場合は、ガソリン代もほぼゼロにできる可能性がでてきます。

収支がさらに好転する可能性があります。

まとめ:太陽光発電はお得‼

太陽光発電は、売電と自家消費を考えるととってもお得になることがおおいです。

しかし、設置費用が高額であることから、25年という長い年月の間に不測の事態が起こった場合は、マイナスになる可能性もあります。

それでも、災害時に電力が確保できるメリットや蓄電池をシステムを導入しオフグリッドな生活をすることも不可能ではありません。

売電分が入金されたときは、ちょっとハッピーになれますよ!

みなさんも素敵な太陽光ライフがまっています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です