住宅選び

注文住宅と建売住宅の違いは?メリットとデメリットを比較します!

悩んでる人
悩んでる人
注文住宅と建売住宅で悩んでるんだ…。
kuma
kuma
こだわりがあるなら注文住宅!建売は価格がおさえられて高級感があるものもあるよ。何よりも建築完了した住宅がみられるのもあるよ

一戸建ての購入には、「注文住宅」と「建売住宅」がありますが、どっちを購入しようか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

我が家の場合は、注文住宅にしました。

理由は1つです。信頼できる工務店に出会い一緒に家づくりをしたかったからです。

結論からいうと、たくさんこだわりがある場合は、注文住宅を選択して後悔しないと思います。

特別なこだわりがない場合は、自分たちの条件に合う建売住宅を選択したほうがいいと思います。

建売住宅は、実際に完成しているお家をみることができます。

具体的に生活をイメージしやすいのでミスマッチングが少なくなります。さらに費用も抑えることできるので、その分でこだわりの家具や家電を揃えるなど+αのメリットもあります。

今回は、注文住宅と建売住宅を比較していきたいと思います!

注文住宅と建売住宅のそれぞれの特徴は?

「注文住宅」と「建売住宅」どちらにしようと悩む方は多いです。

まずは「注文住宅」と「建売住宅」の特徴について紹介させていただきます。

注文住宅の特徴とは?

一から家づくりができるのが注文住宅です。

外壁、内装、間取りや設備といったところまで自分たちの希望のものを利用することができます。海外のキッチンが使いたいといったことも相談することができます。

工務店やハウスメーカーと相談しながらオーダーメードで唯一無二の家づくりが目指せます。

また、建設にかかる予算配分も珪藻土の壁にお金をかけて、費用の安いフローリングにしたり、照明費用を抑えてキッチンのグレードをあげたりといったように、予算にメリハリをつけることができます。

やりたいことをすべて実現するには、相応の価格になってしまうかもしれません。

我が家も漏れなく、あっという間に予算を超え、いろんな代替案を探しながら家づくりを進めました!

そのほかにも、注文住宅の場合、一般的に土地は自分で探す必要があります。

その土地が見つからず悩んでいる方もたくさんいます。価格や条件など理想の土地が見つかるまで長い期間がかかる場合もあります。

我が家でも、土地がみつかるまで3カ月以上かかりました。

これは、とっても早いほうだと思います!

駅チカ(徒歩10分以内)と価格のちょうどいいところを探した結果、想定していた場所よりも郊外になりました。

このようなことも起きてしまうのが注文住宅です。

我が家で高気密高断滅の注文住宅に住んだ経験を紹介した記事も参考にしてください。

私たちが工務店を選んだ理由について教えます。私たちが工務店を選んだ理由についてお話します。 工務店でも高性能な住宅が建てられること、性能と同じくらい担当の人との相性が大切かについて語ります。...

建売住宅の特徴とは?

一般的に土地と建物がセットで販売されている住宅のことを建売住宅といいます。

注文住宅よりも建売住宅のほうが、価格が抑えられている場合が多いです。

注文住宅のように1棟ずつ仕様が違うものを建てるのではなく、土地を区切って数棟をまとめて建てることが多いため価格が抑えられます。

よく同じ外観のお家が複数棟ならんでいるのを見ると思いますが、それが建売の特徴です。

ただ、注意する点として建売だから注文住宅より、グレードが落ちるわけではないということです。

まとめて建設することで人件費や調達費が抑えられるので、その分グレードがいいものを利用している場合も多くあります。

価格が低めでも建坪が大きかったり、高級感があるお家が多いのも特徴です。

建売住宅は、多くが完成されたお家を販売していることが多いと思います。実際に完成したお家を見ることができるので、生活をイメージしやすいメリットもあります。

注文住宅と建売住宅のメリット・デメリット比較します

工務店・ハウスメーカーと相談しながら一から作る「注文住宅」と完成後のお家を見て購入できる「建売住宅」について、それぞれのメリット・デメリットを比較していきます。

メリットの比較

注文住宅のメリット
  • 注文住宅はイチから理想の家をつくれる
  • 内装・外壁・設備など自由に決められる
  • 土地探しは自分たちだが、希望の場所に家を建てられる
建売住宅のメリット
  • 住宅が完成済みなので立地・間取り・価格などが明確
  • 建設後の建物を見ることができるので、生活イメージしやすい
  • 立地のいい場所に立っていることが多い
  • 購入後引越ができるまでの期間が短い
  • 価格が抑えられていることが多い

メリットを比較すると注文住宅は、自由度がメリットです。

こだわりがある人は、この自由度がなによりも大事です。

ただ、4LDKのこれくらいの広さが欲しいなど漠然としている場合は、完成後の建物がみられる建売住宅を検討してはどうでしょうか。

立地のいい場所に価格が抑えられたお家を選ぶことができますよ。

デメリットの比較

注文住宅のデメリット
  • 価格は高め
  • 土地探しは自分たちで行う必要がある
  • 土地探しから住宅完成まで1年以上かかるのが一般的
  • 予算管理をしっかりしないと、予算オーバーでローン額が大きくなる
建売住宅のデメリット
  • 工事の過程をみれないため、手抜き工事リスク
  • 間取りや内装・外装などの自由がない
  • 不動産屋などが販売していることが多く、アフターフォーローが心配

注文住宅のデメリットですが、土地が本当に見つからない場合があります。

私も経験しましたが、それはもう苦痛です。

しかし、こだわりがあるからこそ耐えられるます。耐えた先に理想のお家が待っている!

あと予算オーバーしやすいのでしっかりと予算管理することをおすすめします。

あまりこだわりがない場合は、建売住宅のデメリットにある自由度が少ないという部分は、すべて用意された状態なのでアレコレ決める注文住宅よりも、GOODポイントかもしれません。

ただ、安心して住むためにもアフターフォローがどうなっているのかはしっかりと確認することをお勧めします。

住宅引き渡し後も販売会社とは、アフターフォロー含め長い付き合いになると思います。

そのため、信頼できる販売会社かどうかしっかり見極めることが大切です。

まとめ

注文住宅は建売住宅に比べて費用が高くなりがちです。

建売住宅は、複数の住宅を同じ規格で一気に立てるので一棟当たりの建設費用が抑えることができます。

注文住宅は、1棟ずつ要望に合わせて一から家を作ります。

建売住宅のように一気に立てることができないため、工期が長くなり、人件費が増え結果的に建売住宅よりも高くなります。

同じ設備がはいってる場合も、建売住宅のほうが安い場合がおおいです。

注文住宅で費用を抑えるためには、こだわりの部分とそうでない部分を見極めてメリハリをつけることが大切です。

我が家の場合は、無垢材の床、珪藻土の壁、アクセントウォール、造作家具は譲れないこだわりでした。

ただメインで生活する1階は無垢時材の床を採用しましたが、2階は費用が抑えられるフローリングを採用するなど工夫をしています。

注文住宅で費用を抑えるためには、こだわる部分とそうでない部分を見極めてメリハリをつけることが、とっても大切です。

ただ、その中でも4LDKの広さで収納いっぱいといった要望の場合は、建売住宅でも十分満たせる可能性があります。

もし建売住宅の場合、注文住宅と同じ価格を支払った場合、注文住宅よりグレードの高い設備が入り場所もよく、高級感もある住宅に住める可能性もあります。

自分のこだわりが、注文住宅でなければかなえられないのか建売住宅でもかなえられるのか見極めてさがしてみるのがいいのではないでしょうか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です